革靴の基本的なお手入れ

【スポンサーリンク】

革靴の正しい手入れ

革靴は買ってすぐの新しいときに一度お手入れしておくと、
その後とても楽にきれいな状態を維持することができます。

 

一切キズなどがついていない新品の状態だからこそ、
クリームを塗って表面を保護しておくのです。
自動車の新車にコーティングするようなものとお考えください。

 

 

さて、それでは実際のお手入れですが、
まずは靴にシューキーパーを入れて、靴の形状を保つようにしましょう。

 

革靴

 

木製のシューキーパー(シューツリーとも言います)は、湿気を吸収して、靴の型くずれを防止します。
これは長く使い続けるうえでとても大切なことなので、
是非シューキーパーを使ってあげてください。

 

 

次にブラシでほこりや汚れを軽く落とします。
革の縫い目や、段差のあるところなどは特に忘れずにブラッシングしましょう。

 

 

適当なウエスでクリーナーを薄くのばすように塗ります。
このとき、クリーナーは少しずつ必要な分だけウエスにとってから塗り込むようにしましょう。

 

別のきれいなウエスを使って丁寧にふき取り、革と同系色のシュークリームを塗ります。
ブラシを使って革にしみ込むように塗り込みましょう。

 

最後はまたきれいなウエスで拭き、磨くのですが、
このときよく磨くことで靴に光沢がでてくるのが分かります。

 

 

お手入れした靴はすぐには履かず、2〜3日は保管しておくことをおすすめします。
その間に靴が吸収した汗などが抜けて良いコンディションになるからです。

 

ですので、革靴を毎日履いて出かけるという方は、最低3足は用意し、
ローテーションして履くほうが長く良い状態をキープでき、
結果として節約にもなると思いますよ。